スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] コメント(-)| スポンサー広告 | トラックバック(-) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ポケモンのタイプ相性を理屈で覚えようとするスレ 

1名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 20:56:56.63 ID:GxKERWzb0

水→炎が効果抜群なのは水が炎を消すから・・・みたいな
こうすると覚えやすいじゃないですか



2名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 20:57:27.95 ID:fMERf8yD0

でも炎は水を蒸発させるよな



7名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 20:57:57.93 ID:GxKERWzb0

>>2
まぁそうゆうのはおいといて・・・
こじつけでもいいからそういうのあると覚えやすいだろ?



5名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 20:57:51.78 ID:I5eAw2KB0

格闘→虫が今一つな理由



10名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 20:58:44.86 ID:JGvlp7MT0

>>5
触りたくないじゃん




124名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:23:43.60 ID:4t4zBQ+E0

>>5
虫って軽いくせに体めちゃめちゃかたいじゃん

衝撃には強いんじゃね




128名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:25:10.44 ID:JGvlp7MT0

>>124
なるほど、だから地面にも強いのか
岩は潰されるから弱いと




6名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 20:57:54.08 ID:/AX+tctkP

飛→草はキツツキのイメージ



9名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 20:58:05.38 ID:+f033Wzp0

鋼とか岩がややこしい



14名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 20:59:10.77 ID:fMERf8yD0

ゴーストとノーマルはまあわかる



16名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 20:59:28.61 ID:jSv1LysC0

虫→悪
格闘→悪
格闘→ノーマル




29名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:02:33.54 ID:DtXF8Zjx0

>>16
虫→悪 は仮面ライダーをイメージしたらいい みたいなのをどっかで見た



17名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:00:14.11 ID:iMSGHnOf0

電気→水は抜群なのに水→電気が等倍な理由
どちらか立てるとどちらかが立たない・・・



21名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:00:55.34 ID:4/te13zP0

氷→水は凍らすことができるのにいまひとつ



24名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:01:38.75 ID:0VDx4qBd0

>>21
水という物質自体に変わりはないから




30名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:02:36.38 ID:4/te13zP0

>>24
その理屈だと火→鋼とかどうなんのよ




39名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:04:59.06 ID:0VDx4qBd0

>>30
さ、酸化するから…とか?




23名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:01:29.70 ID:iOn8ZbPVO

水に氷がいまひとつなのはマジで意味わからん
どう考えてもばつぐんだろ



28名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:02:31.61 ID:R2NZC0mL0

毒→鋼はまあ分かる



31名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:02:47.49 ID:I5eAw2KB0

地面→毒が抜群なのと
鋼→水、電気が今一つなのも



34名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:03:29.95 ID:Jde97MyZ0

悪にエスパーが効果ないのは悪人(というより疑り深い人)は超能力のようなオカルトめいたものは
信じないからってよく言われてるな



38名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:04:50.89 ID:jSv1LysC0

>>34
悪→ゴーストは幽霊を恐れずに心霊スポットに押し入って落書きとかするDQNみたいなものか?



35名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:03:37.30 ID:cwpdidh40

虫→超ってどういうことなん?



43名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:05:57.59 ID:iOn8ZbPVO

>>35
虻とか回りに虫がブンブン飛んでたらうざいだろ?
超能力の集中力が切れて苦手なんだよきっと



45名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:06:06.39 ID:/AX+tctkP

格闘→氷 わかる
格闘→岩 まだわかる
格闘→鋼 解せぬ



48名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:06:42.74 ID:GxKERWzb0

>>45
全部砕くことができるからじゃね一応




53名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:07:42.46 ID:dOcaa5OL0

火→毒
汚物は消毒だー!

このイメージでいっつも間違える



103名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:18:43.74 ID:wdH66N+20

>>53
あるある




59名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:09:12.78 ID:ZyRhgZcNO

一般人が岩殴ると痛いからノーマル→岩は半減



62名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:09:36.64 ID:JGvlp7MT0

>>59
鋼も一緒だな
格闘家には勝てない




60名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:09:20.06 ID:wiQK90ff0

ドラゴンはどれもわかりにくい



61名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:09:27.37 ID:tnH3GuRU0

水質汚染とかあるから水は毒に抜群取られてもいいよね



63名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:09:43.74 ID:GxKERWzb0

水→炎 消すから
水→岩 ???



66名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:10:34.54 ID:gN8vHiDR0

>>63
水でも何年もポタポタと垂らし続けると岩を削れる



70名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:11:15.29 ID:0VDx4qBd0

>>63
水流で削られるから




68名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:10:49.27 ID:ALUYHS1/0

エスパー→毒
地面→毒
の理由が良くわからん



どうでも良いけど
ノーマルタイプって言うのは
一般動物のイメージだってさ



77名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:13:01.27 ID:Jf0wARJi0

>>68
エスパー→毒は超能力の一つに浄化というのがある



69名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:11:02.36 ID:GxKERWzb0

水→地は土がぬれてドロドロになっちゃうとかだな



71名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:11:30.23 ID:iOn8ZbPVO

ポケモンのタイプ相性って見てるといつも格闘家マジ強すぎだろワロスって思うわ



75名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:12:18.70 ID:GxKERWzb0

電→水 水は電気をよく通す
電→飛 高いところにいると雷があたりやすいみたいな?



91名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:15:24.93 ID:Jf0wARJi0

>>75
電→飛は鳥ポケモンを落とすには羽を封じる必要があって羽を痺れさせる電気・羽を氷らせる氷・投石で撃ち落せる岩が有効だっていってた



76名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:12:48.29 ID:JSrBOlFkO

氷が水タイプにいまひとつなのが未だに何故か分からん



78名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:13:02.03 ID:4/te13zP0

竜→竜は最強に勝てるのは最強だけってことだろ
氷→竜はわかんね



83名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:13:59.12 ID:0VDx4qBd0

火→虫は飛んで火に入る夏の虫ってやつだな



86名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:14:36.35 ID:GxKERWzb0

草→水 すいとって成長
草→岩、地 養分にしちゃう



92名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:15:42.09 ID:w/vJlvOU0

地面→鋼 ?

揺れると砕ける?ww



98名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:17:46.44 ID:Jf0wARJi0

>>92
土や砂は岩や鋼を飲み込むからじゃない?




93名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:15:54.01 ID:ZyRhgZcNO

悪→鋼が今一つなのは只の粋がってるDQNが鋼鉄殴ると痛いからで良いよな



99名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:17:57.77 ID:JSrBOlFkO

氷→ドラゴンは?氷河期と共に恐竜が消えたから?



101名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:18:27.09 ID:JGvlp7MT0

>>99
俺はそう解釈してる




107名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:19:45.63 ID:yPQvBwThO

地→火が抜群なのはなぜだろう
砂で鎮火できるから?



117名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:22:42.51 ID:8jQkhCU30

虫→草
葉っぱとかは虫に食われるから



126名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:24:43.05 ID:oRLII7Xk0

炎→草 燃えやすい(イメージがある)から
飛、虫→草 餌だから
氷→草 成長が止まるから

毒→草 除草剤(笑)



132名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:25:48.47 ID:tnH3GuRU0

ゴースト→ゴースト



136名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:26:45.50 ID:EZCyDwAB0

>>132
スタンドはスタンドでしか倒せない



133名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:25:49.21 ID:JSrBOlFkO

鋼→水は半減なのに水→鋼が等倍な理由



134名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:26:31.43 ID:3VYhnwaG0

>>133
塩素が足りない




139名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:27:23.96 ID:yPQvBwThO

>>133
抜群でもいい気はするな、錆びるし




138名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:27:05.32 ID:gaLtn1GQ0

龍に対して氷が有効なのはFFでもよくある

飛行→格闘で何故効果が抜群なんだ?



144名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:27:59.76 ID:3VYhnwaG0

>>138
格闘技は陸上戦だから空からの奇襲には弱いからじゃね



140名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:27:28.63 ID:x9KVFlt3O

前からずっと理解不能だった
なんで毒→草が抜群なのに虫や飛行ノーマル格闘に抜群じゃねえの
除草剤云々言うなら殺虫剤も猫イラズ他の害獣駆除剤もあるし人間に有毒なガスなんていくらでもあるのになんで草だけ…



145名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:28:10.36 ID:4/te13zP0

除草剤じゃなくて草は毒物を蓄積しやすいからじゃない?



156名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:31:26.82 ID:x9KVFlt3O

>>145
魚も毒素溜め込むのに水に抜群じゃないんだもんよ
毒→水は水の強さ的に抜群でよかったと思うがなあ




160名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:32:28.96 ID:EZCyDwAB0

>>156
水=魚ではないだろ
水が魚を包含するイメージ




148名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:28:50.85 ID:kkS8RRxn0

龍に電気が効かないなんて信じられん



153名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:30:31.51 ID:Jf0wARJi0

>>148
龍は自然が顕現し存在だから自然の力にはつよいんじゃね?
氷には弱いけど




150名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:29:44.98 ID:A8nOMRlY0

鋼→岩、鋼→氷、岩→氷は
固さが鋼>岩>氷だから



163名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:33:20.26 ID:4/te13zP0

毒→水は散々言われてるよな



175名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:35:06.24 ID:lCtzxIQh0

毒→岩半減がいまいち覚えられないので覚えやすい理屈を一つ



177名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:35:38.15 ID:f7AJk2/N0

>>175
無生物に普通の毒が聞くかよ




183名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:37:34.63 ID:w/vJlvOU0

炎→氷

溶けたら水になって…って感じがするんだが…



187名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:39:00.36 ID:JSrBOlFkO

>>183
生き物が溶けたら死ぬだろ




185名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:37:59.20 ID:JSrBOlFkO

虫→霊の話題出てなくね?



191名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:40:10.40 ID:4t4zBQ+E0

>>185
虫の攻撃のイメージに吸血があるんだけど
そういうことじゃない?




198名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:41:28.16 ID:3VYhnwaG0

>>191
血が通ってない生き物には意味が無いってことか




209名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:43:00.41 ID:bVtvBMLq0

地はやっぱり地震・地割れのイメージがあるから格闘と一緒で砕きに弱い岩と鋼に効果的なんじゃないか



220名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:45:38.23 ID:3VYhnwaG0

>>209
震災の有様見れば全て頷けるよな




221名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:46:02.46 ID:hQM3uK+SO

地→岩 地殻変動で岩盤崩れたり洞窟崩れたり
地→鋼 地震が直撃すれば都市に大打撃
地→毒 地中に埋めればある程度の毒は意味なし

こんなイメージ



223名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:47:44.89 ID:wiQK90ff0

地→毒は埋め立てゴミのイメージかね
まあ何の解決にもなってないって言ったらそれまでだけど



249名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:56:51.96 ID:CH9dfypZ0

氷→虫は何故等倍なんだ
いつも魔知ガエル
あとは炎→地が等倍とか
氷→格闘が等倍も分からない




251名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 21:58:56.49 ID:Jf0wARJi0

>>249
炎→地は一応焼き物として焼けるからかもしれん
普通に土を火で炙っても火がつかないし




256名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:02:29.01 ID:CH9dfypZ0

>>251
半減じゃね?って話だよ




263名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:04:40.14 ID:Jf0wARJi0

>>256
一応焼く事はできる
ただ抜群でも今一つでもないって事じゃない?




253名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:00:02.41 ID:PyIhJRnC0

鋼に毒が無効なのは
ウイルスや病原体は生物がかかるものというイメージからじゃね



267名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:06:17.79 ID:iIxVXoRfO

毒物を金属の入れ物では保存しないじゃん
毒→鋼が無効はおかしい



270名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:07:47.45 ID:3VYhnwaG0

>>267
機械のモンスターに毒ステ効かないのはRPGの鉄則




268名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:06:20.19 ID:LvJkjBfM0

岩→虫はいわなだれをみて、そりゃ虫が潰れるからきくよなーって思ったわ



269名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:07:28.97 ID:FU3dD/xs0

氷→土 と 虫→霊 はなんなんだろ
特に氷を土にぶつけてどうなるというのか



273名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:08:59.39 ID:zQJlv3+C0

>>269
氷→土は土を凍らすからじゃね
霜とか



276名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:10:35.95 ID:fjXJScwj0

ゴースト→ノーマルが効果無しなのはなんでだ
俺オバケ怖いよ



283名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:12:15.29 ID:Jf0wARJi0

>>276
お互い干渉できないからじゃね?
人が幽霊に触れないように幽霊も人に直接触る事ができない



281名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:11:37.94 ID:IJR2pMeH0

岩→飛行は一石二鳥らしい



293名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:16:48.97 ID:BV1sAG0w0

ドラゴン→鋼はファンタジーと科学を表してんじゃねーのか
なんでもドラゴンのファンタジーは科学の現実主義には勝てないみたいな



296名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:18:26.08 ID:4t4zBQ+E0

>>293
ゴジラとか見てると逆じゃない?




297名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:18:32.47 ID:MAs409B80

電気鋼タイプって水に弱そうだよなショートしそうで
だからどうしたって話だが



302名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:20:11.75 ID:fjXJScwj0

しかしノーマルとゴーストはお互い干渉しあわなくても
格闘には一方的に攻撃あたるんだぜ
憶え辛い



304名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:23:15.34 ID:JSrBOlFkO

ノーマル←→霊は両者干渉しないけど、格闘←→霊は格闘が喧嘩売るから霊の反感を買うって覚えてる



306名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:26:03.98 ID:RpUxy7Nh0

氷→水が半減は
水に氷を入れる→そのうち氷は無くなって水は冷たくなるだけ→こうかはいまひとつ で納得出来ないの?



320名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:46:02.36 ID:3VYhnwaG0

初代では毒→虫が抜群だったのに金銀以降それが無くなったことを見るからに
ポケモンの世界の毒タイプ全体が弱体化してると見れる
虫も殺せない毒とか当然金属にも効かないだろうし



324名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/31(火) 22:50:10.35 ID:Mr8f3AYu0

消防のころの記憶力ってすごいよ
俺理屈無しで全部覚えたし今も覚えてるもん

最近は何も頭に入んないけど



http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343735816/
[2012/08/01 20:09] コメント(107)| ポケモン対戦 | トラックバック(-) | このエントリーをはてなブックマークに追加


全記事表示
この記事へのコメント
  1. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)20:19:14
  2. 格闘→岩 砕かれる
    格闘→氷 砕かれる
    格闘→鋼 砕かれる
    岩→氷  砕かれる
    鋼→氷  砕かれる


  3. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)20:34:36
  4. 鋼→水や鋼→電気が半減なのはよくわかんね


  5. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)20:38:49
  6. 何番煎じだ(戒め)


  7. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)20:39:17
  8. ポケモン相性パーフェクト早見表(理由解説付き)
    ttp://annex.area021.com/pokemon/


  9. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)20:39:58
  10. 格闘→氷 砕ける
    岩→氷  砕ける
    鋼→氷  砕ける
    炎→氷 溶ける
    水→氷 溶ける
    雷→氷 溶ける
    エスパー→氷 溶ける
    ドラゴン→氷 溶ける

    使えねー属性だな


  11. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん   投稿日:2012/08/01(水)20:47:28
  12. そういや現実の虫って電気に強いんか?


  13. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)20:58:36
  14. 鳥→岩 半減
    なのに
    虫→岩 等倍
    なのがさっぱり分からん。
    初代やってた時スピアーのダブルニードルがイシツブテに等倍なのがめっちゃ違和感あったわ。

    つつくとメガホーンは何が違う?ついでにつのでつくも。


  15. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん   投稿日:2012/08/01(水)21:03:20
  16. あくまでイメージだからね
    でも竜の炎・水・雷・草半減はやり過ぎだとは思った
    おそらく「エレメンタル的な物は効かない」みたいなイメージなんだろうけど…


  17. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)21:06:11
  18. つつく トントントン
    つのでつく ゴン
    メガホーン ドゴォン!


  19. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)21:06:28
  20. ※7
    ジャブとストレートみたいなもんじゃないの


  21. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)21:09:05
  22. とりあえずとけるを使ったら水タイプになればいいと思うの


  23. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)21:10:08
  24. ポケモンのせいでモンハンの水に住むやつに火属性は効かないイメージが出来てしまった


  25. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)21:12:06
  26. 魚って熱に弱いから炎には弱そう
    ていうか生物をモチーフにしたポケモンは全員炎に弱そう


  27. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)21:23:24
  28. 地面→毒

    中毒患者を首出して地中に埋める民間療法から


    氷・炎→水

    水は温まりにくく冷めにくい


  29. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)21:25:33
  30. 水に氷が半減は熱伝導が小さいから
    毒に地面が抜群は毒物が分解されるから


  31. 名前: 名無しさん   投稿日:2012/08/01(水)21:33:48
  32. 氷→ドラゴンが抜群なのは変温動物だから
    ってのを聞いた事がある
    実際ラティは空気に近い温度だったし、クリムガンは図鑑でそういわれてるしね
    レシラムは知らん


  33. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)21:36:56
  34. 実際は理屈で片付かないんで体感で覚えちゃいますけどね


  35. 名前:     投稿日:2012/08/01(水)21:37:24
  36. 俺も324と同じかな。
    ところで「つのでつく」って、「ずつき」の一転集中型なんだし
    (まぁ角は頭にあるとは限らないけど俺の中ではニド系なイメージ)
    威力がつのでつくの方が下なのは不思議
    突っ込む勢いが足らんのか?


  37. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)21:45:28
  38. もうこの先タイプ相性は見直されないらしい

    って聞くと不毛な議論にしか思えない


  39. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)21:45:49
  40. はがねが毒に強いのは金属が毒弾いて体に吸収させないからだと思ってた、


  41. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)21:47:37
  42. 基本戦闘していれば暗記するけど、今でもたまに虫タイプの相性間違える


  43. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)21:59:06
  44. ※20
    俺は鋼=無生物だから
    毒があろうがなかろうが無意味なイメージ。

    結局は理由づけも重要なんだろうけど、多少偏っても
    全体のバランス考えてこじつけたとこもありそうだしなぁ


  45. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)22:00:34
  46. 毒に格闘がいまひとつなのはベトベトンにパンチしても効きにくそうだから って覚えた


  47. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)22:02:46
  48. 初代のイメージが強いと虫毒岩とか難しい
    格闘に虫が効くかどうかいつも迷う


  49. 名前: 名無しさん   投稿日:2012/08/01(水)22:10:11
  50. 炎で水が蒸発するというが多くの人間が火と水と聞くと火が水で消えること想像するだろ
    逆に炎→水が抜群だったり水→炎が等倍だったりしたら絶対今より文句出てると思うぞ

    まあゲームバランス考慮で作った相性もあるんだろうけれど
    それを抜きにすると俺にとって最大の謎は岩と地面をなぜ一つのタイプにしなかったかだ


  51. 名前: 名無し   投稿日:2012/08/01(水)22:16:14
  52. 虫→霊
    は魂が五分しかないからだと認識してた


  53. 名前: 名無し   投稿日:2012/08/01(水)22:20:23
  54. 氷→虫が納得いかない
    どう考えても抜群だろ。


  55. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)22:26:30
  56. >虫→霊
    は魂が五分しかないからだと認識してた

    良いね!
    虫→悪がバツグンなのは銀の力が悪魔に有効だからかな
    飛行→格闘がバツグンなのは昔の空手(?)のゲームで鳥に弱いから ってのがモチーフって聞いた


  57. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)22:32:58
  58. 鋼に炎が抜群ってのは溶鋼にされるからだろうな


  59. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)22:34:43
  60. 理屈で覚えるというよりも屁理屈で覚えるスレだったでござる


  61. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)23:07:25
  62. 炎→氷 熱いのダメ
    氷→水 寒いの平気


  63. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)23:14:00
  64. 岩タイプの技って石を投げつけたり岩を落としたりするイメージだよね?

    それに対して鋼タイプの技ってどんなイメージ?岩と違ってやたらやたら半減される辺り鉄の棒で殴るというイメージではなさそうだし…。


  65. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)23:19:48
  66. >>187
    じゃあ溶けないレジアイスさんには効果なしでいいね!


  67. 名前:     投稿日:2012/08/01(水)23:21:37
  68. 地面技が鋼岩火電気毒に抜群なのがよくわからん大地の力ってすげーってことなのか


  69. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)23:24:39
  70. >飛→草はキツツキのイメージ

    わかりすぎワロタwwww


  71. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)23:40:39
  72. 毒→鋼無効はわかるけど、アシッドボムまで無効化されるのは納得いかない

    例外として鋼に抜群取れる効果とかつかないかな…


  73. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)23:48:47
  74. ゴースト→悪
    悪ガキ「幽霊とか信じねーしwww」
    ゴースト「」

    虫→悪
    悪ガキ「ギャー!蜂だーっ!」

    格闘→悪
    母親「コラッ!」 ゴチン!


  75. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/01(水)23:50:48
  76. 毒っつっても「ようかいえき」とかは普通に鋼にも効きそうだけどなぁ


  77. 名前: 名無し   投稿日:2012/08/02(木)00:00:55
  78. 妖怪液ならゴーストにも…


  79. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)00:09:08
  80. ポケモンはみやぶるとかみずあそびみたいのはあるけど相性無視とかのタイプ相性覆す系の技はないんだよな
    そんなのが出たらいちいち覚えるのが大変だが確定急所とかサイコショックみたいのがあるなら銀の弾丸的な意味で全てのタイプに等倍か弱点の低威力鋼技が欲しい気はする


  81. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)00:10:36
  82. 竜→鋼は
    ドラゴン退治の勇者的な意味だと思ってたんだけど違うのか


  83. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん   投稿日:2012/08/02(木)00:14:27
  84. 格闘は他のRPGなんかでいう、光とか正義の要素も含んでるからかな。
    ズルズキンみたいなタイプもいるけど。


  85. 名前: 名無し   投稿日:2012/08/02(木)00:29:01
  86. 相性無視といえば無効以外にはちゃんと効く地球投げ系
    毒や火傷も一部に無効はあるけどだいたい相性無視


  87. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)00:31:42
  88. 氷→竜は恐竜の絶滅からだろ


  89. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)01:01:22
  90. 氷→竜は恐竜の絶滅からだろって、そんなスレにも書いてあった分かりきったことを今更ドヤ顔で書き込まんでも、ねぇ


  91. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)01:12:07
  92. 関係ないけど毒タイプの攻撃って使い道ないよなぁ
    ばつぐん一つしかなくね?(それも複合が多い虫)


  93. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)01:12:41
  94. 飛行→格闘はバランスのいい山本選手のイメージ


  95. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)01:18:22
  96. 金属は冷えやすいんだから氷抜群だろ!


  97. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)01:19:39
  98. 電気→水は抜群なのに
    電気→鋼が等倍って…
    金属も電気をよく通すじゃんか!


  99. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)01:31:35
  100. 炎→ノーマル 獣は火を怖がる
    炎→水 蒸発する
    炎→草 有機物だから燃える
    炎→電 温度が高くなると電気抵抗が増す
    炎→氷 溶ける
    炎→格闘 拳を焼かれて終了
    炎→飛行 羽が燃える
    炎→毒 加熱殺菌消毒
    炎→岩 温度が高いと岩も普通に溶ける(溶岩)
    炎→地面 岩に同じ
    炎→虫 焼け死ぬ
    炎→ゴースト お払いとかに火を使う儀式
    炎→エスパー 熱さで集中力が乱れる
    炎→ドラゴン 爬虫類だから火に弱い
    炎→鋼 溶ける
    炎→悪 DQNに火つけたら死ぬ

    炎 最 強


  101. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)01:34:07
  102. このスレの理屈でいくと毒がかなり強そうに見える
    半減できそうなのエスパーゴーストくらいだろ


  103. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)01:38:01
  104. 悪「ククク、貴様らのような虫けらが俺に勝てると思っているのか?」←負ける


  105. 名前: 名無し   投稿日:2012/08/02(木)01:43:29
  106. ※50
    レベル差があるならそうなるだろうな


  107. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん   投稿日:2012/08/02(木)01:47:43
  108. 虫→格闘のいまひとつも理解に苦しむ


  109. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)02:59:31
  110. 鋼の格闘家にはかくとうがいまひとつ・・・
    そんなふうに考えていた時期が
    俺にもありました


  111. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)03:25:15
  112. 初代の頃はまあまあ覚えられたけど今ではもう全然覚えらんないわ
    しかも「いわ/はがね」みたいな複合タイプとか出てきてもうお手上げ


  113. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)06:43:02
  114. >炎 最 強
    んな事言ったら

    水→ノーマル 溺死
    水→炎 蒸発する前に消火
    水→電 実は純水は電気を通しにくい
    水→氷 溶ける
    水→格闘 溺死
    水→飛行 ドロポンで撃ち落とす
    水→毒 洗い流す
    水→岩 水流で削る
    水→地面 岩に同じ
    水→虫 溺死
    水→ゴースト 聖水
    水→エスパー 溺死
    水→ドラゴン 溺死
    水→鋼 塩水で酸化
    水→悪 溺死

    水 最 強


  115. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)07:17:38
  116. はあ


  117. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)07:46:29
  118. >炎 最 強
    >水 最 強
    んなこと言ったら

    草→ノーマル 食われる
    草→炎 焼かれる
    草→水 吸いすぎで腐る
    草→電気 焼け焦げる
    草→氷 凍死
    草→格闘 美食家に食われる
    草→飛行 届かない
    草→毒 腐らせられる
    草→岩 潰される
    草→地面 埋められる
    草→虫 食われる
    草→ゴースト たぶん食われる
    草→エスパー グルメの領域(テリトリー)で食われる
    草→ドラゴン やっぱ食われる
    草→鋼 潰されて食われる
    草→悪 何だかんだで食われる

    草 最 強
    …………………あれ?


  119. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)07:53:34
  120. それじゃあ
    霊は既に死んでるから最強だね
    超も能力で何でも消せばいいから最強か
    飛も相手が届かない高さで飛んでりゃいいから最強だ


  121. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)08:21:20
  122. この会話に一体なんの価値があるのだろうか


  123. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)08:28:29
  124. 明らかに自演してる奴いるな


  125. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)09:41:26
  126. 気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイト気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ


  127. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)09:45:28
  128. 気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ


  129. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)09:51:18
  130. 気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええフウロちゃんのオッpイぷるんぷるんフウロちゃんのオッpイぷるんぷるん気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ


  131. 名前: オシラ774   投稿日:2012/08/02(木)11:08:50
  132. こういうのは考えるな!感じろ!
    シナリオでジム巡りしてたら自然に身に付くから
    あとBW2だとチェレンだかがライブキャスターで教えてくれるね


  133. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)11:12:45
  134. キモイ


  135. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)11:40:27
  136. 夏だねー


  137. 名前: あ   投稿日:2012/08/02(木)11:52:01
  138. 氷から竜ばつぐんって、氷河期とかそんな回りくどいことじゃなくて、竜も所詮爬虫類ってことじゃね?まあその方がりゅうせいぐんが竜特効になる理由がよくわかるけど。


  139. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)12:00:12
  140. ホント夏だねー


  141. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)12:03:41
  142. ポケモン廃人じゃないやつにありがちなことって言うのあったよね、あれにクソひどい夏廚いるよ


  143. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん   投稿日:2012/08/02(木)13:55:36
  144. そういや夏か


  145. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)14:16:46
  146. キィええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ、ダイナマイトぶち込んでやる気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ気ぃええええええええええええええええええええええええ


  147. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)14:29:33
  148. こういうのは考えるな!感じろ!
    こういうのは考えるな!感じろ!
    こういうのは考えるな!感じろ!
    こういうのは考えるな!感じろ!
    こういうのは考えるな!感じろ!
    こういうのは考えるな!感じろ!
    こういうのは考えるな!感じろ!
    こういうのは考えるな!感じろ!
    こういうのは考えるな!感じろ!


  149. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)16:51:56
  150. 五行だと
    鋼は草に強く、土は水に強いんだがなぁ…。
    木は鋼に切り倒され、鋼は炎に溶かされ、炎は水に消され、水は土にせき止められ、土は木に養分を吸い取られる

    あと、蒸発するから炎→水と思いがちだが、蒸発することで発生する水蒸気が周りの空気と火を遮断する「窒息消火」によるところが大きい。なんせ水から水蒸気だと1260倍まで膨れるからな。

    他に、可燃性ガスが発生する温度から下げる「冷却消火」や液体とかだったら濃度を下げる「希釈消火」がある。

    もっとも、ニトログリセリンのような物が燃えたときは、分子に酸素が含まれているため窒息できないうえ、熱が半端ないから水では困難だったりする。


  151. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)17:04:38
  152. ポケモンのタイプは人間が勝手に定義したものだから厳密には自然界のものとは違う 雨が降ってても炎ポケが嫌がりはするがダメージ受けないのはそういう理屈(※あまごいは本物の雨を降らせる技)

    ソースは俺の妄想


  153. 名前: 名無し   投稿日:2012/08/02(木)17:16:32
  154. そんなこと言い出したら、そもそもポケモン自体が空想だから


  155. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)17:22:57
  156. 地→炎
    船とかで火災起きたら消火砂ってあるよな


  157. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)17:23:11
  158. 鋼に水をかけたら簡単に錆びるがな
    鋼だったら毒(化学物質)で簡単に腐食するだろうに

    鋼というタイプそのものに違和感があるな
    鉄を主とする合金という意味合いだし
    メタルのままだったらそいういうものに強い性質の金属なんだろうなと納得できるのに


  159. 名前: 名無し   投稿日:2012/08/02(木)17:57:00
  160. 中学では鋼(こう)って純度の高い鉄って習うし、はがねタイプって言われたらなんかとりあえず金属的なのを思い浮かべるだけな感じもする
    金属を侵す化学物質もあれば侵さないものもあるし、同じ化学物質でも金属によって侵せたり侵せなかったりする
    錆びに弱い金属もあれば錆びに強い金属もある

    炎だって、泡くらいなら蒸発させられる場合もあるし、ハイポンなら割と消えそうにも思う

    理屈で言い出したら納得出来る事象と同時に程度や種類によって反例も出てくるから理屈で片付かなくなる



  161. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)18:13:09
  162. ※75
    五行って風水の話かww
    気付かなかった

    ※80
    鋼といえばまず鉄を主とする合金という意味だろうに
    程度や種類を限定させる鋼という言葉を用いている事がおかしいという意味では?



  163. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)18:54:53
  164. スタンドはスタンドでしか倒せない
    スゲー納得した


  165. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)20:41:21
  166. 竜が恐竜なら氷は納得だがそしたら火山噴火説も加味して炎も抜群にするべきだし
    西欧のドラゴンがイメージなら炎が半減はわかるが氷が抜群なのが納得できない


  167. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)21:13:13
  168. >>83
    隕石墜落説もなかったっけ
    でもドラゴンが弱点多かったらなんか残念だわ


  169. 名前: 名無し   投稿日:2012/08/02(木)21:23:11
  170. どの説も結局氷河期到来で恐竜死亡だから一緒


  171. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/02(木)22:54:04
  172. 相性イラストのついた攻略本懐かしいな
    イーブイvsゴーストが可愛かった


  173. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/03(金)00:37:19
  174. 銀は消毒作用がある


  175. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/03(金)06:05:19
  176. どうでもいいけど氷→水半減は凍らせるとかじゃなくて水の中に氷ぶっこんでもダメージほぼ無しってことなんじゃね?


  177. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/03(金)10:51:28
  178. 格闘はハンマーに置き換えるといいって
    おじさんがいってたよ


  179. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/03(金)11:12:20
  180. 氷は水の中に入れると溶けて水になっちゃうから、ってイメージだった。


  181. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/03(金)12:31:56
  182. だれかノーマルを最強にしてくれ


  183. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/03(金)16:48:09
  184. >>91
    アルセウス


  185. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/03(金)16:49:33
  186. エスパー→毒はヒーリングだろうね
    最近の子は知らないだろうけど、ちょっとしたブームだった時期があるんだよ


  187. 名前: ナットレイにめざパ炎やめてクレwww   投稿日:2012/08/03(金)17:20:45
  188. 純粋な水は電気を通しません
    電気抜群の水ポケはなんかいろいろ混ざってるんだな
    納得


  189. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん   投稿日:2012/08/04(土)00:07:52
  190. 虫って冬になると極端に数減るよな
    そういう意味で氷が効きそうだけど、そうすると氷が強くなりすぎるか
    ていうか氷ってなんだよ?冷気とかじゃないのか


  191. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/04(土)12:24:34
  192. 格闘→虫はあれだよ。
    蚊とか空中で殴ってもなんともならんじゃん?


  193. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/04(土)19:10:29
  194. 格闘→鋼は
    レジスチルが蹴り倒されて起き上がれない感じ

    格闘→岩、氷は
    レジロックとレジアイスが蹴られて粉砕されてる感じ

    超→格闘は
    パワー馬鹿がサイコキネシスで宙に浮かされて、暴れるけど何もできない感じ


  195. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/05(日)00:26:38
  196. >>93
    MOTHER2やってればわかる
    ヒーラー出てくるし


  197. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/05(日)09:54:30
  198. 初代かみつく ノーマル技 ゴーストに無効
    金銀かみつく あく技 ゴーストに抜群

    3年間で何があった・・・


  199. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/07(火)15:04:35
  200. エスパーは女の子
    だって、虫やお化けが苦手だろ?


  201. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/07(火)18:50:34
  202. 虫→岩 が効果普通なのが不思議


  203. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/07(火)23:04:50
  204. おかしいと思うもの

    毒→鋼(希塩酸は鉄を溶かす。それに、強い酸である王水は、もっとも溶けにくいと言われている金をも溶かす。)
    電気→水(水の電離度は1億分の1。よって電気を通しにくい。)
    毒→格闘、ノーマル、飛行(大抵の格闘家や、鳥を含む動物は、強い毒を飲めば即死する。)
    水→炎(水かければ火を消すことができるが、逆に火の勢いを増加させる時もある)
    格闘↔悪(そもそも、格闘家って騙しに弱くね?)
    氷→ドラゴン(伝説の種族に氷なんかがよく効くとは思えない)


  205. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/07(火)23:34:28
  206. ※102
    確かに真水は電気を通さないけど、生物だから内臓やら器官を不純物と置き換えれば通すようになるんじゃない?

    水をかけて炎が増加するのはガソリンや灯油の油火災や燃えてる物質が禁水性の物の場合。油は水よりも軽いから浮いて流れてしまい、火面が広がる。禁水性は水をかけると発火してしまうため。

    武道の心構えでもある「心・技・体」のうち、心が抜けているのが悪で、すべて満たしたものが格闘なんだろうさ。


  207. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/08(水)12:27:17
  208. 水は水流のエネルギーだと思ってる
    流れてる水は凍らないし


  209. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/09(木)23:13:14
  210. 子供向けゲームなんだからイメージ優先に決まってんじゃん


  211. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/19(日)03:11:36
  212. 虫はゲーム序盤に出るようなイメージの炎や岩に弱いし、リアルなら踏み潰せば終わりだから一般的に弱いタイプという認識がある
    だけどエスパーや格闘、悪といった一般的に強そうなタイプに太刀打ちできるところを見ると、トランプにおけるクラブの2のようなポジションだと思ってた
    仮面ライダーだの、集中が乱れるだの、気持ち悪いだの…
    こじつけ染みた理由で無理矢理強いタイプへの対抗策として活躍できるようにさ


  213. 名前: 名無しの犬   投稿日:2012/08/20(月)05:27:40
  214. 最後俺のレス来たwww
    誰か数学の公式が簡単に頭に入る方法を(ry



コメントの投稿



管理人に御用がある方は直接メールください





管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。